>
今週の1冊4

 

 

次へ  前へ≫

 

■ 54字の物語


氏田 雄介(PHP研究所)1,080円

 

 

9かける6の原稿用紙に
54字の物語。

世界一短いかもいれない短編小説集です。

何気ない言葉が
よくよく考えるととんでもないことに。

毒とユーモアの効いた
作品たちに
笑みが浮かぶことでしょう。

俳句や
短歌もそうですが、
日本語とは
限られた制約の中でも、
無限の表現を生み出せるのでしょう。

こういう作品が出るたびに、
本の可能性は
まだまだ
あるに違いないと確信します。

そんな難しいことはさておき。

年齢を問わずに
さらりと読める作品です。

表紙にピンときたら
ぜひご一読ください。

 

 

■ ギガタウン 漫符図譜


こうの 史代(朝日新聞出版)907円

 

 

どこかまんがちっくな
国宝の鳥獣戯画。

それをモチーフとして
まんがの表現の
漫符を解説した4コマまんがです。

機嫌のいいことをあらわす
♪や、
困ったときの
水滴のマークなど。

こうやって
あらためて見ると、
世の中の表現に
まんがの影響というのは
とっても大きいものですね。


もちろん
解説などと肩肘をはらなくても。

うさぎの女の子を中心とした
日常生活を描いた漫画は
ノスタルジックで
チャーミング。

まんが好きはもちろん。

昔、まんが好きだったあなたに。

懐かしさを届ける作品です。

 

 

■ かがみの孤城


辻村 深月(ポプラ社)1,944円

 

 

今年も発表されました本屋大賞。

この時期になると
やっぱり受賞作が気になります。


学校での居場所をなくしたこころ。

部屋に閉じこもっていると
突然、鏡が光り始めた。

鏡をくぐり抜けた先には
似た境遇の7人の少年少女。

願いを叶えるために、
彼らは鍵を探すのだが・・・?


まるで
学校とは城のようなもの。

その中でなじめば、
学生として城壁の中で守られる。

だが、
そこから弾かれると
城壁によって戻れなくなる。

世界の中の小さな共同体。

タイトルからなんとなくそんなことを
連想してしまいました。


謎が解かれるだけでなく、
その先へ続いていくラストが見事です。

閉塞感を感じるすべての人に、
希望へつながる出会いのあらんことを。

 

 

■ オリジン(上)(下)


ダン・ブラウン(KADOKAWA)各1,944円

 

 

映画化された
「ダヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」など、
宗教象徴学者ラングドンの
シリーズ最新作です。

今回のテーマは

「われわれはどこから来て、
どこへいくのか?」

この問題を解き明かしたと
発表したラングドンの元教え子。
発表直前、
彼は命を落とします。

スペインを舞台に、
ラングドンが美術館館長と
教え子の残した人工知能とともに、
事件の謎に迫ります。

歴史と人工知能は
相反するように思えますが、
歴史上の研究や学問は
当時の知識の最前線。

現代の最新研究で、
当時の研究の最高峰に挑みます。

人間の知識の積み重ねは
どこまで続いていくのか?

この本の表紙は
いまだ完成しない
サグラダ・ファミリア。

まるで
人間の探究心の象徴のようです。

 

 

■ スイート・ホーム


原田 マハ(ポプラ社)1,620円

 

 

梅田から山手への電車に乗り、
高台の街にある小さな洋菓子店。

そこで
繰り広げられる家族の物語です。


中心になる
洋菓子店の家族が
仲が良く、一人ひとりが魅力的です。

また
登場するケーキがおいしそうで、
ケーキが食べたくなって仕方ありません。


家族のあたたかさと
ケーキのほどよい甘さ。

刺激的ではないけれども
どちらも
自分をあたたかく包み込んでくれるようです。

家族の幸福と
ケーキの口福。

両方が
味わえるおいしい作品集です。

 

 

■ おじさまと猫①


桜井 海(スクウェア・エニックス)880円

 

 

書評で取り上げられて今人気のコミックス。

ネコもの流行だなと
軽く読んでみてノックアウトされました。


ペットハウスで売れ残っていた
一匹の成猫。

あきらめていた猫の前にあらわれた
初老の紳士。

「私が欲しくなったのです」


ガラスケースであきらめきっていた猫と、
一人暮らしの初老の紳士。

遠慮がちに距離をつめていく様子が
切なくていじらしいです。

猫だけでなく、
紳士も悲しい過去を背負っているようで、
この先の展開が気になります。


ペットショップに並ぶたくさんの子猫たち。
大きくなるのはあっという間。
成猫は売れにくいという現実。
どの子猫たちにも
幸せな出会いがあることを祈ります。

 

 

■ 春の旅人


村山早紀・げみ(立東舎)1,296円

 

 

村山早紀の小説に
そっとよりそうげみのイラスト。

花を題材にした
「花ゲリラの夜」

夜の遊園地が舞台の
「春の旅人」

色鮮やかなドロップ缶の
「ドロップロップ」

この季節にふさわしい
あたたかなおはなしです。

フルカラーのイラストが
たくさん収録され、
またページの余白も
イラストで飾られています。

絵本でも小説でもなく
イラストと小説が
一冊の作品となっています。

本を読むのが苦手な人も
楽しく読みやすくなっています。

プレゼントにもおすすめの一冊です。

 

 

■ ここは、おしまいの地


こだま(太田出版)1,296円

 

 

あまりにも衝撃的なタイトルの
実話を基にした私小説で
デビューした著者の
自伝的エッセイです。

ちなみに
前作のタイトルは
ちょっとここでは書けませんので、
ネットでお調べください。


ヤンキーと百姓が
九割を占める集落で育った著者。

周りの大人たちも、
世間とは
少しずれてしまった人たち。

そんな環境で
著者が経験したことたちは
ひどかったり、悲しかったり。

それでも
著者の語り口がおかしくて
笑ってしまいます。


つらいことも
きっと時間が経てば笑える日が来る。

そう思えるかもしれない一冊です。

 

 

■ おまじない


西 加奈子(筑摩書房)1,404円

 

 

文学好き芸人がおすすめして、
テレビなどで取り上げられた
西加奈子の新刊です。

最近は
長編が多かったのですが、
10年ぶりの短編集です。


さまざまな人生の転機に、
思い悩む女子たち。
その背中を
言葉はそっと押してくれる。


何気ない日常で
ふと引っかかる何かを
すくいあげて
物語にする。

それが
この作者の巧みさでしょう。

まるでトゲのように、
言葉は
読者の心に
じわじわと
残り続ける。

目を向けずしまいこんだ
心に気づかせてくれます。

 

 

■ 彼方の友へ


伊吹 有喜(実業之日本社)1,836円

 

 

今回の直木賞候補作。


老人施設で暮らす
老女の元に届けられた黒い紙箱。

中身は
色とりどりの花のカード。

「フローラ・ゲーム」

それは
彼女にとって
大切な思い出だった・・・。

記憶は
戦中の東京へ。

少女雑誌「乙女の友」に憧れた彼女は、
その雑誌社で働くことになります。

夢を叶えた彼女ですが、
戦争は容赦なく
悲惨な現実を突きつけ、
日々も切実な境遇へ追い詰められます。

やがて時は過ぎ、
戦争は終わっても、
失くしたものはあまりに多く、
悲しみも消え去りはしません。

そんな境遇でも、
どんな悲しみの中でも。

それでも

あきらめなかった
人たちの姿は魅力的です。

 

次へ  前へ≫

 

 ▲HOME