>
>
グル番2015

 

  

 

 

一覧リストから検索

2014〕 〔2016〕〔2017〕 

 

〔2015〕 

 


2015.12 ON THE ROAD「チキン南蛮

 

 



森の中のログハウスカフェ

 

  オーナーは豊岡市で25年間、鞄職人として働き、脱サラ後の平成25年4月にこのお店をオープンさせました。森の中にひっそりとたたずむログハウス風のお店は、今にもハイジが駆け出してきそうな雰囲気です。
ところで、店名を見てピンッときたあなたは、ひょっとして浜田省吾ファンやないですか? そう、オーナーご夫妻も熱狂的な浜省ファンなんですわ。店内で静かに流れるインストルメンタルのBGMも、もちろん浜省です。
さて、チキン南蛮です。ボテッとした鶏肉はエエあんばいに揚げられとって、とてもやわらかくてジューシーです。サッパリとまろやかな甘酢とこだわりのタルタルソースはいずれも手作りで、これらが三位一体となって実に見事な味のハーモニーを奏でとります。但馬産こしひかり100%のピカピカのご飯、宮崎県産の米から作った味噌のほんのり甘い味噌汁もたまりませんわ。オープンして間もなく、その美味しさがあっという間に口コミで広がり、あっちこっちからお客さんが来るんも当然です。
木のぬくもりを感じられる店内もエエんですが、アタシは爽やかな空気に包まれながらウッドデッキで頂くのがお気に入り(って、これからの季節は寒くてNGですが)。ハイジの寝室のような2階席の居心地もグッドです。エエ仕事をすれば場所なんか関係ない…そのお手本のお店ですね。

 

 

【店舗情報】

ON THE ROAD

兵庫県豊岡市但東町相田222-3 電話:0796-20-3949

 

営業時間/9:30~18:00(ランチタイム11:00~14:00)

定休日/木・金曜日

 

 1,000円/数量限定


 


2015.11 明智茶屋「ピスタチオのロールケーキ

 


光秀を愛するパティシエ

 

 7月にオープンした明智茶屋。お察しのとおり、店名は福知山城の城主、明智光秀から名づけられとります。オーナーは光秀の大ファンで、岐阜や滋賀など光秀ゆかりの地を足しげく訪ねてまわるほど。市内の洋菓子店などで5年間の修行を積み、自身の城であるお店をオープンさせました。
さて、このピスタチオのロールケーキ。まずは見た目の素朴さがイイですよね。最近ではコンビニでもハイカラなロールケーキが売られとりますが、どうも無機質な感じがします。ところがコレは、「よろしくお願いします」とでも語りかけているような優しい雰囲気を醸し出しとりますやん。
味も見た目のまんまの素朴さ。甘過ぎず、くど過ぎず、実にアッサリとしてシンプルな美味しさです。どこかで味わったことがあるような、そんな懐かしささえ感じられ、ナンボでも食べられそうな気がします。
小ぢんまりとした店内にはカフェスペースもあり、コーヒーや紅茶などと一緒にロールケーキを頂くことができます。その他にも季節のフルーツをふんだんに使った各種ケーキや光秀の愛したプリン(商品名です)などが並びます。
この店名ですからね、噂を聞きつけた光秀ファンが足を運んでくるんですって。その度に光秀の話で盛り上がるとか。実はアタシもロールケーキやらの話を聞かなアカンのに、光秀の話ばかりをしとりました。

 

 

【店舗情報】

カフェ&ケーキ 明智茶屋

福知山市篠尾新町1-1 電話:0773-24-3210

 

営業時間/10:00~19:00

定休日/火曜日

 

 1本1,100円/1カット310円


 

 


2015.10 丹波茶屋「とり天ポン酢定食


サクッとジューシーな美味しさ

 

 とり天って知ってはります?

 エビ天はエビの天ぷら、イカ天はイカの天ぷら…そやから、とり天が鶏の天ぷらやっちゅうことはわかりますわな。けど、あんまり馴染みがあらへんでしょう。最近でこそチラホラと見かけるようになりましたが、まだまだマイナーな存在です。

 とり天っちゅうのは大分県の郷土料理。地元でゴッツ愛されとって、大分の友人なんか「とり天は主食や!」とまでいいよります。その友人と一緒に京都市内の居酒屋で飲んだ時、たまたまメニューにあったとり天を注文したら、ポン酢がどうの、辛子がこうのとウンチクを聞かされたもんですわ。

 さて、このお店にとり天が登場したのは3~4年前。唐揚のニンニクの風味がダメやっちゅうお客さんの要望に応えたのが始まりです。軽く下味をつけた鶏もも肉を鍋の油で丁寧に揚げます。フライヤーを使わないのは温度管理がしやすいから。こうして揚げられたとり天は、衣がサクッ・フワッ、鶏肉はジューシーでたまりません。

 唐揚なんかにはキャベツの千切りですが、とり天には野菜の天ぷらが添えられます。これもお店のこだわりだとか。特製のポン酢で頂くと、ご飯がナンボでも進みます。あ、画像のご飯はアタシ用に大盛りになっとりますから悪しからず。そうそう、定食にはコーヒーが付くのもうれしいところです。セルフですが…。

 

 

 

【店舗情報】

食べ処飲み処 丹波茶屋

福知山市駅前町140-3 ニチレクビル2F 電話:0773-23-5001

 

営業時間/(昼)11:30~15:00(ラストオーダー)14:30

     (夜)17:00~23:00(ラストオーダー)22:30

定休日/無休

 

 750円(税込)※「とり天ポン酢」単品570円(税込)


 

 

 


2015.9 とり蔵鴨飯と手打ちザル蕎麦


今や福知山名物の

 

 今年5月に開店1周年を迎えたこのお店。今や福知山名物となった鴨すきが食べられるお店として開店当初から注目しとりましたが、なかなか行く機会がありません。そうこうしとったら、6月からお昼の営業を始めたいうてフェイスブックに書いてありますやん。しかも、アタシの好みのど真ん中なメニューやないですか。早速、飛んで行きましたがな。そのメニューがコレですわ。
主役は鴨飯。炭火を使って目の前で焼いた鴨肉を甘辛いタレにサッとくぐらせ、ピカピカのご飯に盛り付けます。この段階で「早く持って来い!」な気分です。お上品に食べてなんかいられますかいな。ガガガッと一気にかき込みますわ。下手な講釈は不要です。鴨の旨味にタレとご飯が三位一体となって、とにもかくにも美味いんです。無料で大盛りが選べるっちゅう心意気もナイスです。
準主役の手打ちザル蕎麦も忘れたらあきません。毎日、毎日、心を込めて打つ福井県産の蕎麦は、風味豊かでのど越しも良く、いくらでも食べられそうな美味しさです。ダシの利いたつゆもやさしい味でエエ仕事をしとります。準主役なんて失礼でした。まさしく鴨飯とのツートップです。
お昼の営業は平日のみで、鴨飯と手打ちザルそばの単品も頂けます。鴨飯はイレギュラーで炊き込みご飯に塩コショウで焼いた鴨肉が乗っかるタイプになることも。あまりの美味しさから1週間に3回も行ってしもたアタシは、お店にとっては鴨がネギを背負ってきたような客ですね。
 

 

 

【店舗情報】

とり蔵

福知山市末広町1-29 電話:0773-45-8892

 

営業時間/(昼)11:30~14:00

     (ラストオーダー)13:30(蕎麦は売り切れゴメン)

     (夜)17:00~24:00

定休日/(昼)土日祝、(夜)無休

 

 鴨飯と手打ちザル蕎麦950円(税込)


 

 


2015.8 ホアンカンチーズケーキ


市民に信頼される店

 

 福知山で開店して33年の老舗。ココのコーヒーはアタシ好みのパンチがあって濃い目の味やから、開店当初からプライベートな外出時にちょくちょく足を運んどります。
いつ頃やったでしょうか。カミさんとフラリと行ったら、ショーケースにあるチーズケーキが目に留まりました。バラの形をしたかわいらしいケーキです。ちょうど小腹も空いていましたから、「話の種に」とオーダーしたんですわ。で、一口食べた瞬間、その美味しさに魅せられてしまいましたがな。
チーズと生クリームを贅沢に使ったベイクドチーズケーキは、パンチのあるコーヒーの味に負けないようにと、試作に試作を重ねて完成した逸品です。しっとりとなめらかな食感はオーブンでじっくりと蒸し焼きするから。それを一晩寝かせることでチーズのコクがシッカリと感じられる濃厚な味に仕上がります。冷蔵庫でさらに冷やし、ワインのお供にする方もあるとか。
味には絶対の自信があったものの、丸い形やった発売当初の売れ行きはサッパリ。思い切ってバラの形にしたところ大ブレイクしたそうです。アタシはその形から、母の日や誕生日のプレゼントによく使います。見た目と味で2度もビックリしてもらえるのがエエんですわ。

 

 

【店舗情報】

コーヒーハウス ホアンカン

福知山市篠尾新町3-7-2 電話:0773-23-8286

 

営業時間/9:00~22:30

定休日/無休

 

 チーズケーキ380円(税込)

  

 


2015.7 銀鮨ぎんちら


名物にしたい味

 

 店主の前田正吾さんは丹波市春日町出身。福知山商業(現・成美)高校の剣道部で活躍し、卒業後に大阪ミナミの名店で18年間、腕を磨きました。
この「ぎんちら」は、海鮮ちらし寿司のこと。銀鮨のちらし寿司やから略して「ぎんちら」です。タップリのシャリにイクラ、エビ、サーモン、ウナギ、玉子に大葉が「これでもかっ!」ってくらい乗せられとります。パッと見、イクラだけでもかなりの量でっしゃろ。
味付けは特製の甘ダレ。それぞれのネタが出しゃばることもなく、見事に調和しとります。甘口ながら大葉の風味とイクラの塩気がエエあんばいでアクセントになっとって、それはもう病み付きになる味でっせ。
実はコレ、修行時代の賄い料理が元になっているそうで、5年前の開店からしばらくは、いわゆる「裏メニュー」やったんですわ。ところが、あまりにも好評やったもんやから、前田さんが「名物にしたい!」と2年前に正式メニューにしました。以来、同店の看板メニューの1つになっとります。
ネタの仕入れは大阪中央市場と舞鶴から。米は丹波産のコシヒカリ。お店がいつも満席なのは確かな味とリーズナブルな値段、そして何よりも前田さんの人柄からでしょう。もちろん、アタシもファンの1人です。
 

 

 

【店舗情報】

すし処 銀鮨

兵庫県丹波市柏原町母坪429-1 電話:0795-72-1176

 

営業時間/17:00~24:00

定休日/月曜日

 

 ぎんちら880円

  

 


2015.6 六人部PA(下り)鬼の赤カレー


もビックリの辛さと美味しさ

 

 最近のサービスエリア(SA)って、ホンマにハイカラになりましたよね。24時間営業なんてのは珍しくありませんし、「ショッピングモール?」って思わせるものや遊園地まであったりするんですから、もうただの休憩場所とは言えません。

 パーキングエリア(PA)は規模的にSAほどゴージャスやないにしろ、それでもシッカリと充実しとります。ご当地グルメが食べられたり、お土産物がたくさんあったり、それはもうワクワクさせられるもんです。

 さて、ここ六人部PAにも近頃評判のメニューがあります。それがこの「鬼の赤カレー」です。亀岡産のハバネロを使用した真っ赤なカレーは、見ただけで汗が出てきそうです。食べてみると・・・やっぱ汗が出ます。でも、ただ辛いだけやないんです。辛さの奥に旨味が隠れていて、ナンボでもスプーンが進みます。トロトロに煮込まれた牛肉もグッドで、福知山産コシヒカリとの相性もバッチリです。まさに鬼もビックリな味ですね。

 舞鶴若狭自動車道の下り線では最期のお食事処。大阪方面などへお出かけの帰りにでも、ぜひお立ち寄りください。あ、このカレーは上りのPAでも食べられますし、お土産用も売っとりますよ。


 

 

【店舗情報】

舞鶴若狭自動車道 六人部PA(下り線)

電話:0773-27-8288

 

営業時間/8:00~19:00

 

 鬼の赤カレー620円(税込)

  


2015.5 たかた荘坦々麺


本格的な四川料理の味

 

 たかた荘って、どういうイメージをお持ちでっしゃろ? ちょいと敷居の高い料亭…そんなふうに感じてはる方が多いんでしょうね。確かにそういう一面もありますが、実は本格的な四川料理が気軽に食べられるお店でもあるんですよ。お得なランチメニューが人気で、お店が ”名物”と称しているのが担々麺です。

 担々麺っていうとチンゲン菜ですが、ココのはタップリの水菜や白髪ネギにシメジ、ブロッコリーも乗っています。野菜好きにはたまりません。タップリなのは野菜だけやなく、麺のボリュームもスゴいんです。「食べごたえがないとアカン!」っていうオーナーの方針で、麺は1玉と3分の2を使うとか。それって、ほぼ2玉でんがな。

 スープをすすると、クリーミーなゴマの風味の後に「ガツンっ!」と辛さがやってきます。ただ辛いだけやなく、旨みとゴマの風味のバランスが絶妙な美味しさです。舌と心がシビれます。ドッと汗が噴き出します。でも、レンゲが止まりません。なるほど、スープを飲み干すお客さんの方が多いというのも納得です。

 オーナーは、四川料理を日本に広めた陳建民さん(中華の鉄人・陳建一さんの父上)のお弟子さんです。そのオーナーから指導を受けたスタッフが腕をふるうのですから、そらぁ本格派の味なんも当然ですわ。


 

 

【店舗情報】

丹波の奥座敷 たかた荘

福知山市末広町4-22-1 電話:0773-23-5221

 

営業時間/昼11:30~14:00、夜17:00~22:00

(ラストオーダー19:30)

定休日/不定休

 担々麺840円(夜は900円)

  

 


2015.4 ひと粒親子丼


地産地の本物の味

 

 福知山ファミリー(福知山駅近く)の3階にこのお店があったことを覚えてはる方も多いでしょう。はい、アタシもよう行っとりました。

 食材は地元の新鮮なものはもちろん、日本全国から”本物“が直接仕入れられ、化学調味料や防腐剤などを使わない無添加のダシをベースに味付けされとります。このこだわりだけは終始一貫、変わることがありません。

 さて、親子丼です。まずはそのビジュアルにやられます。卵のトロトロ加減がハンパないです。シッカリ系がお好みの方もおありでしょうが、アタシは断然トロトロ派です。しかも「これでもか!」っていうぐらいタップリの卵がたまりません。

 続いてはお味です。綾部・上林の美味しいお米と平飼い有精卵に、こだわりのダシを使って作られた親子丼は、不思議なぐらいにやさしい味です。余計な主張がありません。実にフツーです。ムダなものが取り除かれ、いたってシンプルになった・・・そんな美味しさです。アツアツやっちゅうのに、添えられたレンゲでかき込んでしまいますわ。

 2013年秋の大相撲綾部場所の際、その噂を聞いた稀勢の里関がお忍びで食べに来たっていうんやから、そらぁ”本物“でっせ。

 

【店舗情報】

ひと粒

綾部市味方町アミダジ8-2 電話:0773-43-2244

 

営業時間/11:00~22:00

定休日/お正月以外は無休

 

親子丼定食1,030円(単品700円、ミニうどん付き1,190円)

 

 


 2015.3 神戸焼 焼きそば  


ゴム焼きそば発祥の店

 

 今やスッカリ福知山のB級グルメとして有名になったゴム焼きそば。茶色い広東麺を使った焼きそばで、ゴムみたいな見た目からそう呼ばれとります。アホなアタシは幼い頃、ホンマに焼いたゴムを食べさせられるんやと思ったもんですわ。
そのゴム焼きそばの発祥の店がここなんです。女将さんの父上が中国で食べた麺の味に魅せられ、帰国後に福知山市内の製麺所と試行錯誤の末に麺を作り出しました。昭和25年に創業したこの店で出したのが始まりで、関西でこの麺を使うのは福知山だけなんですって。
もっちもちの食感の広東麺は、口に入れた瞬間にフツーのそばとは違う豊かな風味が広がります。具材は豚肉とモヤシだけというシンプルさ。強火で一気に炒めるから、モヤシのシャキシャキ感もそのまんま。創業当時から変わらへんスタイルがまたエエんですね。
その創業当時の屋号は「純神戸式ふた福」。一銭洋食風の薄焼きが主流やった福知山で、初めて厚焼きのお好み焼き(=神戸式)を始めたのもココ。その神戸式のお好み焼きの「神戸焼」がお客さんに親しまれ、そのまま今の屋号になったそうですわ。
先代はハイカラで、「他人と同じことをしていてはダメ」という考えの方やったとか。65年前、福知山に新風を吹き込んだ味は、今もこのお店で守られ続けています。
 

 

【店舗情報】

神戸焼

福知山市東中ノ町35 電話:0773-22-4704

 

営業時間/17:00~24:00
定休日/木曜日
 

1人前 630円

 


 2015.2 グルメ番長 和蕎麦のチャンポン風  


これぞ男の横着料理!

 

 みなさん、今年のお正月はいかがでしたか?アタシはのんびりすることなく、いつものとおりバタバタとした年末・年始を過ごしとりました。ふと気がつけば大晦日…あ、鬼そば屋さんで年越し蕎麦を注文すんの忘れとった(12月号をご覧ください)。

 こうなりゃ、これまたいつものとおり自分で作らなしゃあないがな。ラッキーなことに、たまたま頂いていた蕎麦があったし、スーパーで海老天を買うてきてチャチャっと作ったらエエようなもんの、それじゃあ味気ないやん。ということで、作ったんがコレですわ。

 な~んも難しいことはありません。タップリの野菜と豚肉、平天(かまぼこや魚介もエエね)をパッと炒め、つゆで軽く煮込み、茹でた蕎麦の上からかけるだけ。こういうときは100円ほどのミックス野菜がホンマに重宝します。そうそう、つゆにはちょいとこだわって、年末の特番でも紹介された茅乃舎のだしがエエ仕事をしてくれて美味しいのができました。

 頂く時、ふりかけるのは七味やと思うでしょ?それとも、ちょっと気取って柚子胡椒?ところがどっこい、フツーのコショウが美味しいんですわ。和風の味にコショウって、意外とイケるんでっせ。

 ん…コレって受験勉強に励む受験生の夜食にエエかも。

 

 

【材料(2人前)】

 

蕎麦…2束

ミックス野菜…1袋

豚肉小間切れ…150g

ミニ平天…2枚

 

 

 

  


 2015.1 川見風月堂 コーヒーロール 


半世紀以上変わらない大人の味

 

 ここ何年かの間に、一気にロールケーキが市民権を得たように思いません?なんちゃらロールとかいうて、何時間も並んで買ったりしとる様子がテレビで紹介されたり、雑誌でロールケーキの特集が組まれたりしました。そういえば、アタシの周りにもわざわざ並んで買ってきた方がありますわ(その節はごちそうさまでした)。

 さて、にわかにロールケーキがブームになり始めた頃、「おいおい、福知山には昔から有名なロールケーキがあるやないかい!」と思ったもんです。それがこの「コーヒーロール」です。創業は66年前で、広小路への出店は24年前。随分と前から広小路にあったような気がしていましたが、意外と最近なんですね。

 コーヒーロールの販売は51年前から。半世紀以上の歴史の中で、味は一切変わらないといいます。以前は市内の喫茶店にも卸されていたこともあるそうですから、そこで口にされた方もあるのでは。厳選されたコーヒーを使ったやさしい苦味とフレッシュバターで作ったクリームのまろやかな甘さが織り成す味は、どこか懐かしさを感じさせる大人の味です。ケーキが苦手なお年寄りや、コーヒーがダメな子どもでも、この味はOKという方が多いのもうなずけます。

 もうすぐ冬休み。年末のパーティーや、お正月に家族がそろう時、コーヒーロールを用意しようかな。

 
 

【店舗情報】

川見風月堂

 福知山市東中ノ町27 電話0773-23-8336

 

営業時間/10:00~18:00 定休日/水曜日・木曜日

1カット 180円(税込) ※中サイズ1,000円、大サイズ1,500円もあり

 年末年始の休業は12/31~1/2

 

 

 HOME>一覧リストへ戻る>